LEADTOOLS JavaScript(Leadtools.Annotations.Automation)

EnablePartialDropプロパティ

フレームを表示
複数のコンテナの間でアノテーションオブジェクトの部分的なドロップを許可するべきかどうかについて示す値を取得または設定します。
構文
get_enablePartialDrop();
set_enablePartialDrop(value);
Object.defineProperty('enablePartialDrop');

属性値

説明
ブーリアン複数のコンテナの間でアノテーションオブジェクトの部分的なドロップを許可する場合はTrue;そうでない場合はfalse。デフォルト値はtrueです
解説

それの一部が少しはコンテナの境界の外側であるようにアノテーションオブジェクトがドロップされてその後ドラッグされるならば、このプロパティは動作を制御するのに用いられます。

値がtrue(デフォルト)であるとき、ドロップ操作は成功しています、しかし、物体位置は調節されるので、その境界はそれがドロップされた(ターゲットコンテナ)コンテナの中に完全に囲まれます。

値がFalseであると、ドロップ操作は中止され、オブジェクトはソースコンテナに移動し、位置はドラッグが開始される前のオリジナルの値に戻されます。

AnnAutomation.EnableDragDropの値がtrueであるとき、このプロパティが使われるだけです。

参照

参照

AnnAutomationManagerオブジェクト。
AnnAutomationManagerメンバ