LEADTOOLSフォーム(Leadtools.Formsアセンブリ)

フレームを表示

LogicalPoint構造体メンバー

フレームを表示
フィールド  プロパティ  メソッド 





以下の表は、LogicalPointによって公開されるメンバを示します。

パブリックコンストラクタ
 名前説明
LogicalPoint Constructorオーバーロードされます。   
パブリックフィールド
 名前説明
Empty初期化されていないメンバでLogicalPointの新しいインスタンスを表します。  
パブリックプロパティ
 名前説明
IsEmptyこのLogicalPoint構造体が空かどうか示している値を取得します。  
UnitこのLogicalPointのために単位を表す値を取得または設定します。  
XこのLogicalPointのためにX座標を表す値を取得または設定します。  
YこのLogicalPointのためにY座標を表す値を取得または設定します。  
パブリックメソッド
 名前説明
Addそれぞれ、LogicalSize構造体の幅と高さをLogicalPoint構造体のX座標とY座標に足した結果であるLogicalPointを返します。  
Convert指定された単位にこのLogicalPoint構造体を変換します。  
ConvertToこのLogicalPoint構造体(指定されたデスティネーション単位でその相当するものに変換される)を返します。  
Equals指定されたものとしての同じ座標と計測単位オブジェクトをこのLogicalSizeが格納するかどうか指定します。  
FromPoint明示的なLeadtools.LeadPointパラメーターから新しいLogicalPointクラスオブジェクトを作成します。  
GetHashCodeこのLogicalPoint構造体のためにハッシュコードを返します。このメソッドに関して詳しくは、System.Object.GetHashCodeを参照します。  
Subtractそれぞれ、LogicalPoint構造体のXとY座標からLogicalSize構造体の幅と高さを減算することから生じるLogicalPointを返します。  
ToPointLogicalPointLeadtools.Forms.LogicalUnit.Pixelで測られるその対応する値に変換される)のLeadtools.LeadPointを返します。  
ToStringユーザーが判読できるstringにこのLogicalPointを変換します。  
パブリック オペレーター
 Addition それぞれ、LogicalSize構造体の幅と高さをLogicalPoint構造体のX座標とY座標に足した結果であるLogicalPointを返します。
 Equality 指定されたものとしての同じ座標と単位オブジェクトをこのLogicalPointが格納するかどうか指定します。
 Inequality 指定されたものとしての同じ座標または単位オブジェクトをこのLogicalPointが格納しないかどうか指定します。
 Subtraction それぞれ、LogicalPoint構造体のXとY座標からLogicalSize構造体の幅と高さを減算することから生じるLogicalPointを返します。
参照

参照

LogicalPoint構造体
Leadtools.Forms名前空間

Leadtools.Formsは、フォームモジュールのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。Imaging Pro/Document/Medicalの機能