LEADTOOLS Medical(Leadtools.Dicomアセンブリ)

フレームを表示

OnPrintJobReportメソッド








SOPは、状態報告が送られたプリントジョブSOPインスタンスのUIDを例証します。
プリントジョブのステータスを示すイベントタイプIDを指定します。設定可能な値は、以下の通りです。
意味
1 保留のイベントタイプ名=。
2 イベントタイプ名=印刷。
3 されるイベントタイプ名=。
4 イベントタイプ名=失敗。
プリントジョブ情報を指定するDicomPrintJobReportInformationオブジェクト。これは、無効な参照(Visual BasicではNothing)でありえます。
プリントジョブ状態報告が印刷SCPから受領されるとき、呼び出されます。
構文
'Declaration
 
Public Overridable Sub OnPrintJobReport( _
   ByVal printJobInstanceUid As String, _
   ByVal eventTypeID As Integer, _
   ByVal reportInformation As DicomPrintJobReportInformation _
) 
'Usage
 
Dim instance As DicomPrintScu
Dim printJobInstanceUid As String
Dim eventTypeID As Integer
Dim reportInformation As DicomPrintJobReportInformation
 
instance.OnPrintJobReport(printJobInstanceUid, eventTypeID, reportInformation)
 function Leadtools.Dicom.DicomPrintScu.OnPrintJobReport( 
   printJobInstanceUid ,
   eventTypeID ,
   reportInformation 
)

パラメーター

printJobInstanceUid
SOPは、状態報告が送られたプリントジョブSOPインスタンスのUIDを例証します。
eventTypeID
プリントジョブのステータスを示すイベントタイプIDを指定します。設定可能な値は、以下の通りです。
意味
1 保留のイベントタイプ名=。
2 イベントタイプ名=印刷。
3 されるイベントタイプ名=。
4 イベントタイプ名=失敗。
reportInformation
プリントジョブ情報を指定するDicomPrintJobReportInformationオブジェクト。これは、無効な参照(Visual BasicではNothing)でありえます。
解説
印刷SCUがプリントジョブのステータスの変化について印刷SCPからレポートを受領するときはいつでも、このコールバックメソッドは呼び出されます。意図されたプリントジョブは、そのSOPインスタンスUIDによって指定されます。プリントジョブSOPクラスがアソシエーションの上でサポートされるならば、このメソッドは呼び出されることになっています。さもなければ、それは決して呼び出されません。

プリントジョブのステータスは、そうであります保留中、または、失敗、SCPが属性実行ステータス情報(DicomPrintJobReportInformationクラスのプロパティExecutionStatusInfo)で保留の/エラー状態について追加情報に供給することになっているプリント。

このメソッドのためのDicomPrintScuクラスの実装は、単に何もしません。このコールバックメソッドを利用するために、DicomPrintScuクラスに由来する新しいクラスを作成しなければならなくて、目的の実装を提供しているメソッドをオーバーライドしなければなりません。

サンプル
サンプルのために、参照しますAssociate
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

DicomPrintScuクラス
DicomPrintScuメンバ
GetPrintJobInstanceUidメソッド
GetPrintJobInformationメソッド

Leadtools.Dicomは、Medicalツールキットサーバのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。Imaging Pro/Document/Medicalの機能