LEADTOOLS画像ファイルサポート(Leadtools.Codecsアセンブリ)

フレームを表示

CodecsSaveImageEventArgsクラス








メンバ 
情報をRasterCodecs.SaveImageイベントに提供します。
オブジェクトモデル
構文
public class CodecsSaveImageEventArgs : System.EventArgs 
'Declaration
 
Public Class CodecsSaveImageEventArgs 
   Inherits System.EventArgs
'Usage
 
Dim instance As CodecsSaveImageEventArgs
public sealed class CodecsSaveImageEventArgs : ~Remove~ 
@interface LTCodecsSaveImageEventArgs : NSObject
public class CodecsSaveImageEvent extends LeadEvent
function Leadtools.Codecs.CodecsSaveImageEventArgs()
public ref class CodecsSaveImageEventArgs : public System.EventArgs 
解説

バッファプロパティは、保存するために画像データを格納している入出力バッファとして機能します。RetrieveDataFromImageの値がfalse(デフォルト)に設定されるならば、ユーザーは常にバッファで設定によって画像データを提供する役割を果たします。RetrieveDataFromImageの値がtrueに設定されるならば、RasterCodecsオブジェクトはこのイベントを発生する前にバッファを値を入力します。ユーザーはスキャンラインデータをその後調べることができるか、修正することができます、または、単純な、現状のままオリジナルの画像データを保存するために、それを無視します。

どちらの場合の上ででも、ユーザーがソースimageオリジナル形式でスキャンラインにデータを提供しなければならないことがわかります(imageプロパティで保存しました。ユーザーがオリジナルのimageより様々なファイルフォーマットでimageを保存するRasterCodecsオブジェクトを指示するならば、たとえば、RasterCodecsオブジェクトは必要ならば適切な出力フォーマットにこのデータをその後変換します。

このイベントは、取消しのためにセーブ操作数列と可能性に関してフィードバックをユーザーに提供するのに用いられることもできます。いろいろなページとパーセンテージを理解するために、以下のサンプルを見なします。

ファイルOcr.tifは、4ページを格納している複数ページのTIFファイルです。4(合計3ページ)を通してページ2を保存したいです。以下の電話をかけます:

private void Test(RasterCodecs rasterCodecsObject) { // Load the image RasterImage image = rasterCodecsObject.Load(@"C:\Users\Public\Documents\LEADTOOLS Images\Ocr.tif"); // Tell the RasterCodecs object to automatically set the image data to save from the source image rasterCodecsObject.Options.Save.RetrieveDataFromImage = true; // Subscribe to the SaveImage event rasterCodecsObject.SaveImage += new EventHandler<CodecsSaveImageEventArgs>(rasterCodecsObject_SaveImage); // Save pages 2 through 4 (total of 3 pages) int firstImagePage = 2; int lastImagePage = 4; int firstFilePage = 1; // Save rasterCodecsObject.Save( image, @"C:\Users\Public\Documents\LEADTOOLS Images\Ocr_pages2through4.tif", RasterImageFormat.Tif, 1, firstImagePage, lastImagePage, firstFilePage, CodecsSavePageMode.Overwrite); // Unsubscribe to the LoadImage event rasterCodecsObject.SaveImage -= new EventHandler<CodecsSaveImageEventArgs>(rasterCodecsObject_SaveImage); image.Dispose(); } private void rasterCodecsObject_SaveImage(object sender, CodecsSaveImageEventArgs e) { }

イベントハンドラの中に、以下の値を持っています:
メンバ
FirstPage 常に最初のファイルページ番号として1を指定したため、1であるでしょう。
ページ デスティネーション(ファイル)ページ番号1として開始している3ページの合計を保存しているため、1から3まで行きます。
LastPage 常に3に1から3ページで保存しているため、3であるでしょう。
ImagePage 既存のページ2、3と4を保存しているため、2から4まで行きます。
PagePercent 3ページを保存しているため、3回、0から100へ行きます。この値は、ペイジImagePage変化はいつでも、ゼロまで後ろをリセットします。
TotalPercent 操作を保存している全体の間、0から100へ行きます。この値が100であるとき、すべてのページは保存されます、そして、メソッドは返ります。
サンプル
サンプルのために、参照しますRasterCodecs.SaveImage
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

CodecsSaveImageEventArgsメンバ
Leadtools.Codecs名前空間