LEADTOOLS画像ファイルサポート(Leadtools.Codecsアセンブリ)

フレームを表示

UseWriteableBitmapプロパティ








画像データを保存するためにSilverlight WriteableBitmapオブジェクトを使うべきかどうか示します。
構文
public bool UseWriteableBitmap {get; set;}
'Declaration
 
Public Property UseWriteableBitmap As Boolean
'Usage
 
Dim instance As CodecsLoadOptions
Dim value As Boolean
 
instance.UseWriteableBitmap = value
 
value = instance.UseWriteableBitmap
public bool UseWriteableBitmap {get; set;}
 <br/>get_UseWriteableBitmap();<br/>set_UseWriteableBitmap(value);<br/>Object.defineProperty('UseWriteableBitmap'); 
public:
property bool UseWriteableBitmap {
   bool get();
   void set (    bool value);
}

属性値

画像データを保存するために、Silverlight WriteableBitmapオブジェクトを使う場合はTrue;それ以外の場合はFalseです。
解説

このプロパティは、LEADTOOLSのSilverlightバージョンでサポートされるだけです。

このプロパティをtrueに設定することは、画像データを保存するために、Silverlight WriteableBitmapオブジェクトを用いてimageロード、画像処理と画像表示の速度を上げることができます。

このプロパティをtrueに設定することは、32ビットとしてロードされるために画像データを強制して、RasterCodecs.Loadに渡されるbitsPerPixelパラメーターを無視します。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

CodecsLoadOptionsクラス
CodecsLoadOptionsメンバ
RasterMemoryFlags.WriteableBitmap
RasterImageConverter.ConvertToSource
ConvertToSourceOptions.AutoDetectAlpha
ConvertFromSourceOptions.AutoDetectAlpha
DetectAlphaCommand
CodecsLoadOptions.AutoDetectAlpha
RasterImage.PremultiplyAlpha