LEADTOOLS画像ファイルサポート(Leadtools.Codecsアセンブリ)

フレームを表示

CodecsJpeg2000ProgressionsOrder列挙体








数列の順序を示します。
構文
public enum CodecsJpeg2000ProgressionsOrder : System.Enum, System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
'Declaration
 
Public Enum CodecsJpeg2000ProgressionsOrder 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As CodecsJpeg2000ProgressionsOrder
public enum CodecsJpeg2000ProgressionsOrder : System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
typedef NS_ENUM(NSInteger, LTCodecsJpeg2000ProgressionsOrder)
public enum CodecsJpeg2000ProgressionsOrder
Leadtools.Codecs.CodecsJpeg2000ProgressionsOrder = function() { };
Leadtools.Codecs.CodecsJpeg2000ProgressionsOrder.prototype = {<br/>
  LayerResolutionComponentPosition = 0,
	ResolutionLayerComponentPosition = 1,
	ResolutionPositionComponentLayer = 2,
	PositionComponentResolutionLayer = 3,
	ComponentPositionResolutionLayer = 4,
	
 };
public enum class CodecsJpeg2000ProgressionsOrder : public System.Enum, System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0LayerResolutionComponentPosition良質な軸順序。追加のデータがデコードされて、imageはぼんやりしていて始めて、より明白でより詳細になります。
1ResolutionLayerComponentPosition解像度-軸は注文します。追加のデータがデコードされて、imageは小さくて始めて、より大きくなります。そのままになることによって達成されるより高い圧縮比は、ファイルに解像度を降ろします。
2ResolutionPositionComponentLayer解像度-軸は注文します。追加のデータがデコードされて、imageは小さくて始めて、より大きくなります。そのままになることによって達成されるより高い圧縮比は、ファイルに解像度を降ろします。
3PositionComponentResolutionLayer軸順序を配置します。imageは、左上隅から開始している一連のブロックとして始めます。より多くのデータがデコードされて、imageの追加の部分は見えるようになります。画像データは、空間場所で保存しました。
4ComponentPositionResolutionLayerカラー-軸は注文します。imageは、グレーを外へ開始します。より多くのデータがデコードされて、カラーは追加されます。RGBのためにカラーチャネル、YUVオプションへの変換が使われるならばチャネルでY、その後U、そしてV.を開始すること、最低の解凍されたimageレベルによって保存される画像データは、グレースケールです。さもなければ、出力は赤いチャネルだけです。
サンプル
サンプルのために、参照しますCodecsJpeg2000Options
継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.Codecs.CodecsJpeg2000ProgressionsOrder

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.Codecs名前空間
JPEG 2000機能によるプログラミング