LEADTOOLS画像ファイルサポート(Leadtools.Codecsアセンブリ)

フレームを表示

CodecsCodecLoadMode列挙体








ファイルコーデックのための処理モード。
構文
'Declaration
 
Public Enum CodecsCodecLoadMode 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As CodecsCodecLoadMode
public enum CodecsCodecLoadMode : System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
public enum CodecsCodecLoadMode
Leadtools.Codecs.CodecsCodecLoadMode = function() { };
Leadtools.Codecs.CodecsCodecLoadMode.prototype = {<br/>
  Dynamic = 0,
	Fixed = 1,
	Ignored = 2,
	
 };
public enum class CodecsCodecLoadMode : public System.Enum, System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0Dynamic コーデックはダイナミックにロードされて、必要に応じて開放されます。
1Fixed コーデックはメモリにロードされて、決してアンロードされません。(これはファイル処理を非常に高速にします)。
2Ignored コーデックは無視されます。通常このコーデックによって処理される任意のファイルのために、ファイル情報をロードすることができないか、保存することができないか、取得することができません。
解説

LEADTOOLSは、ファイル情報のために問合せのために使われるコーデックのリストを維持管理します。

修正コーデックは、リストから決してアンロードされません。これは、ファイルフォーマットのファイル検出を非常に高速にします。

ロードしたコーデックの数がRasterCodecs.PreloadCodecsを通して設定される数を超えるとき、動的なコーデックはダイナミックにアンロードされます。

無視されたコーデックが、決して使われません。通常、無視されるコーデックによって処理されるファイルフォーマットに関する情報をロードすることができないか、保存することができないか、得ることができません。

一度特定のコーデックによって処理されるファイルを保存するか、ロードしたら、そのコーデックはメモリに永久にロードされます。その時点で、コーデックのロードモードを設定しても影響はなくなります。

サンプル
サンプルのために、参照しますRasterCodecs.GetCodecInformation
継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.Codecs.CodecsCodecLoadMode

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.Codecs名前空間