LEADTOOLS画像ファイルサポート(Leadtools.Codecsアセンブリ)

フレームを表示

Leadtools.Codecs概要

Leadtools.Codecs名前空間は、ロードして、保存して、画像ファイルの、そして、ロードしたビットマップに関する情報を取得するための任意型を変換するために、プロパティ、メソッドとイベントでクラスを格納します。これらの関数は、メモリバッファのファイルで、または、ディスクファイルの中のオフセットで機能することができます。両方の上下のレベル関数は提供されます。それは、タグ、マーカー、コメントと拡張などの非画像データをロードして/保存することをサポートするクラスも格納します。

RasterCodecsクラスは、すべてのファイルフォーマット機能への主要なゲートウェイです。ディスクまたはメモリからイメージをロードして/保存して/変換するために、それを使います。

主な特長:

デモ:

LEADTOOLSツールキットにはデモが多く含まれており、クラスのさまざまな機能をLeadtools.Codecs名前空間で活用する方法が示されます。

対応環境
参照

参照

概要
ご使用にあたって(サンプルプログラムへのガイド)
LEADTOOLS CODECアセンブリ
利用可能な画像ファイル形式一連
イメージのロードと保存
大きなTIFF/BigTIFFファイルのロードと保存
1ビット画像処理の高速化
圧縮Qファクター

履歴

Leadtools.Codecsアセンブリの変更