キャッシュに格納している(Leadtools.Cachingアセンブリ)LEADTOOLS

フレームを表示

FileCacheクラス






メンバ 
ファイルキャッシュのLEADTOOLSサポートを表します。
オブジェクトモデル
構文
[DefaultMemberAttribute("Item")]
public class FileCache : ObjectCache 
'Declaration
 
<DefaultMemberAttribute("Item")>
Public Class FileCache 
   Inherits ObjectCache
'Usage
 
Dim instance As FileCache
public class FileCache extends ObjectCache
            
[DefaultMemberAttribute("Item")]
public ref class FileCache : public ObjectCache 
解説

FileCacheObjectCacheを実装して、ファイルキャッシュのLEADTOOLS実装です。キャッシュがドキュメントデータを保存するために必要であるとき、それはLEADTOOLSドキュメントクラスにより用いられます。

FileCacheを使うために、システムの有効なディレクトリに、または、ネットワーク共有でCacheDirectoryプロパティを設定します。そして、いろいろなメソッドを使います、そして、追加して、検索するプロパティはオプションの有効期限方針で項目をキャッシュに格納します。キャッシュはシリアル化を用いてディスクに項目と方針を保存して、デシリアライゼーションを用いて取り戻します。

キャッシュがグローバルなファイルシステムを使うため、アプリケーションが終了されたあと、それは再利用されることができます。FileCacheは任意の州のデータを保存しません、そして、すべての項目はディスクで保存されます。たとえば、LEADTOOLSドキュメントウェブサービスは、あらゆるメソッド呼び出しでFileCacheのインスタンスを作成します。すべてのインスタンスは同じCacheDirectoryをポイントして、したがって、1つ前の呼び出しで追加される同じ項目を使うことができます。キャッシュは、スレッドと安全なプロセスです。

FileCacheは、同じ論理オブジェクトに属するキャッシュ項目をグループ化するために使用するリージョンをサポートします。これらのリージョンは、ディスク上でキャッシュディレクトリのサブディレクトリーとして作成されます。LEADTOOLSは、リージョンとしての一意なドキュメント識別子が挙げるクラス用途を文書化して、それゆえに、リージョンを削除することによって単一のドキュメントに属しているすべての項目を削除することができます。

絶対であるかスライド有効期限ポリシーを持っているならば、項目はキャッシュから消去されます。この操作は、項目がアクセスされた場合(有効期限切れになった場合は削除されます)、またはユーザーがCheckPolicyまたはCheckPoliciesを使用することによって行われます。

使われないキャッシュ項目がディスク上でとどまるため、手動で期限切れの方針を消去する方法を作成することが、好ましいです。これは、全部のキャッシュを確認して、期限切れになられる任意の項目を削除するCheckPoliciesを呼び出すことによってされることができます。

GetCacheFilePathは、キャッシュで現時点では保存される任意の項目の物理的なパスを返します。これは、ユーザーに直接項目のデータを読むか、ディスク上で物理ファイルを必要とするかもしれないシステムのもう一つの部分にファイルを渡す機能を与えます。GetStreamメソッドは、ファイルするために直接入力または出力ストリームを得るのにその後用いられることができます。

GetCacheUrlは、キャッシュで現時点では保存される任意の項目に、URIを返します。CacheVirtualDirectoryは、このメソッドを使うセットアップでなければなりません。たとえばクライアントcodeがJavaScriptであるならば、キャッシュ項目にURIを得ることはウェブアプリケーションに役立つことがありえます。

このキャッシュインプリメンテーションは、値をnullに設定して、データ項目もサポートします。このように、常にGet(String,String)に頼って、nullを調べる代わりに、封じ込めまたはGetCacheItem(String、String)を使うことが、好ましいです。

項目が期限切れになられて、キャッシュから削除されようとしているとき、ObjectCache.CacheItemExpiringObjectCache.CacheItemExpiredイベントは発生します。

キャッシュで現時点ではリージョン、項目と期限切れの項目の数を取得するために、GetStatisticsを使います。

サンプル

サンプルのために、参照しますLeadtools.Documents.DocumentFactory

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

FileCacheメンバ
Leadtools.Caching名前空間

Leadtools.Cachingは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。Imaging Pro/Document/Medicalの機能