(Leadtools.Controls)

フレームを表示

Pasteメソッド




アクティブウィンドウ(HandleControl.Handleを使います)のハンドル。
クリップボードからのコピー画像データ。
構文
public static RasterImage Paste( 
   IntPtr owner
)
'Declaration
 
Public Shared Function Paste( _
   ByVal owner As IntPtr _
) As RasterImage

パラメーター

オーナー
アクティブウィンドウ(HandleControl.Handleを使います)のハンドル。

戻り値

新しいRasterImageオブジェクトへの参照は、Windowsクリップボードでデータを使うことを作成しました。
解説
クリップボードのimageは、DIB、DDBまたはWMFでなければなりません。
imageがクリップボードで格納したので、imageは同じ高さBitsPerPixelを格納します。
Orderは、RasterByteOrder.Bgrに設定されます。コピーされたimageがBgr順序でないならば、ColorResolutionCommandを用いてそのカラーOrderを変更することはです。
リージョンがペーストされたかどうか決定するために、HasRegionを使います。
サンプル

このサンプルは、利用可能な場合にクリップボードのデータを使用してビットマップをロードします。

Copy Code  
Imports Leadtools
Imports Leadtools.Controls
Imports Leadtools.Codecs

Public Sub RasterClipboard_Paste(ByVal imageViewer As ImageViewer)
   If RasterClipboard.IsReady Then
      ''' Copy the bitmap from the clipboard 
      imageViewer.Image = RasterClipboard.Paste(imageViewer.Handle)
      MessageBox.Show("Paste is Successful")
   Else
      MessageBox.Show("Paste Failed")
   End If
End Sub
using Leadtools;
using Leadtools.Controls;
using Leadtools.Codecs;

public void RasterClipboard_Paste()
{
   if (RasterClipboard.IsReady)
   {
      /// Copy the bitmap from the clipboard 
      _imageViewer.Image = RasterClipboard.Paste(_imageViewer.Handle);
      MessageBox.Show("Paste is Successful");
   }
   else
   {
      MessageBox.Show("Paste Failed");
   }
}
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterClipboardクラス
RasterClipboardメンバ