(Leadtools.Controls)

フレームを表示

HitTestBufferプロパティ




バッファをヒットします。
構文
public int HitTestBuffer {get; set;}
'Declaration
 
Public Property HitTestBuffer As Integer

属性値

ヒットテストバッファ。デフォルト値は、0です。
解説

ヒットテストバッファを使用するとテストポイントが「大きく」なるため、誤差を補ってスムーズなヒットテストを実現できます。たとえば、バッファ値が2であるならば、4ピクセルの長さの側による正方形がヒットテストを実行するためにテストポイントのまわりで使われます。目標要素がタッチデバイスの上でサイズで小さいとき、これは非常に役に立つことがありえます。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

InteractiveServiceクラス
InteractiveServiceメンバ