(Leadtools.Controls)

フレームを表示

AspectRatioCorrectionプロパティ




手動のアスペクト比補正値
構文
public virtual double AspectRatioCorrection {get; set;}
'Declaration
 
Public Overridable Property AspectRatioCorrection As Double

属性値

手動のアスペクト比補正値。デフォルト値は、1です。
解説

このプロパティの値を変更すると、PropertyChangedとTransformChangedイベントが発生します。

イメージを示すとき、時々、不規則な画面解像度(ピクセルサイズ)のために誤差を補うために手動のアスペクト比補正を設定することが必要です。たとえば、100×100ピクセルの画像を表示する場合、その画像はほとんどのモニタで正確な正方形にはなりません。これは、ほとんどのモニタでピクセルの形状が長方形であるためです。AspectRatioCorrection値を設定することは、この問題を固定することができます。

AspectRatioCorrectionは、いつでもコントロールYScaleFactorの現在の垂直倍率によって、SizeMode値に関係なく乗算されます。

サンプル

このサンプルは、AspectRatioCorrectionを変更しているエフェクトがimageが示される方法を身に着けていることを示します。

デモをここで例ボタンをクリックするので、実行します、アスペクト比は1、2と0.5の間を行き来します

ImageViewerサンプルからサンプル関数内のコードをすべて削除し("// TODO:ここにサンプルコードを追加します"というコメントを検索する)、以下のコードを挿入します。

Copy Code  
Imports Leadtools
Imports Leadtools.Controls
Imports Leadtools.Codecs
Imports Leadtools.Drawing
Imports Leadtools.ImageProcessing
Imports Leadtools.ImageProcessing.Color

MessageBox.Show("Current _imageViewer.AspectRatioCorrection is " & _imageViewer.AspectRatioCorrection)
' Now, change the AspectRatioCorrection to the default
_imageViewer.AspectRatioCorrection = 1
using Leadtools;
using Leadtools.Controls;
using Leadtools.Codecs;
using Leadtools.Drawing;
using Leadtools.ImageProcessing;
using Leadtools.ImageProcessing.Color;

MessageBox.Show("Current _imageViewer.AspectRatioCorrection is " + _imageViewer.AspectRatioCorrection);
// Now, change the AspectRatioCorrection to the default
_imageViewer.AspectRatioCorrection = 1;
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

ImageViewerクラス
ImageViewerメンバ