LEADTOOLSバーコード(Leadtools.Barcodeアセンブリ)

フレームを表示

EnableErrorCheckプロパティ(OneDBarcodeWriteOptions)








バーコード(サポートされるならば)を書き込むとき、妥当性チェックのためにオプションのチェックワードを出力するべきかどうかについて示す値を取得または設定します。
構文
[DisplayNameAttribute("Use check digit error")]
[CategoryAttribute("		Error Checking and Correction")]
[DefaultValueAttribute()]
[DescriptionAttribute("Enables or disables the use of an error check digit when writing the barcode")]
public bool EnableErrorCheck {get; set;}
'Declaration
 
<DisplayNameAttribute("Use check digit error")>
<CategoryAttribute("		Error Checking and Correction")>
<DefaultValueAttribute()>
<DescriptionAttribute("Enables or disables the use of an error check digit when writing the barcode")>
Public Property EnableErrorCheck As Boolean
'Usage
 
Dim instance As OneDBarcodeWriteOptions
Dim value As Boolean
 
instance.EnableErrorCheck = value
 
value = instance.EnableErrorCheck
[DisplayNameAttribute("Use check digit error")]
[CategoryAttribute("		Error Checking and Correction")]
[DefaultValueAttribute()]
[DescriptionAttribute("Enables or disables the use of an error check digit when writing the barcode")]
public bool EnableErrorCheck {get; set;}
@property (nonatomic, assign) BOOL enableErrorCheck
public boolean getEnableErrorCheck()
public void setEnableErrorCheck(boolean value)
            
DisplayNameAttribute("Use check digit error")
CategoryAttribute("		Error Checking and Correction")
DefaultValueAttribute()
DescriptionAttribute("Enables or disables the use of an error check digit when writing the barcode")
 <br/>get_EnableErrorCheck();<br/>set_EnableErrorCheck(value);<br/>Object.defineProperty('EnableErrorCheck'); 
[DisplayNameAttribute("Use check digit error")]
[CategoryAttribute("		Error Checking and Correction")]
[DefaultValueAttribute()]
[DescriptionAttribute("Enables or disables the use of an error check digit when writing the barcode")]
public:
property bool EnableErrorCheck {
   bool get();
   void set (    bool value);
}

属性値

バーコード(サポートされるならば)を書き込むとき、妥当性チェックのためにオプションのチェックワードを出力する場合はTrue;そうでない場合はfalse。デフォルト値は、falseです。
解説

EnableErrorCheckの値をtrueに設定するならば、エンジンは書くとき、オプションのチェックワードとバーコードデータを使用してエラーチェック(CRC)を実行して、バーコードデータとともにこの値を出力します。

オプションのチェックワードをサポートするバーコード体系を書き込むとき、EnableErrorCheckプロパティはエフェクトを持っているだけです。これらのバーコード体系は以下に記載されています:

このオプションクラスによってサポートされるバーコード体系の残りは有効なことをチェックワードに要求します、そして、チェックはオプションでありません。エンジンは、常にEnableErrorCheckの値に関係なくデータに対してチェックワードを計算して、書面でそれを使います。

サンプル

サンプルのために、参照しますOneDBarcodeWriteOptions

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

OneDBarcodeWriteOptionsクラス
OneDBarcodeWriteOptionsメンバ

Leadtools.Barcodeは、バーコードモジュールのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能